» ニュースレターの原稿を作るときに新聞を参考にすると良い理由
 » ニュースレターの原稿を作るときに新聞を参考にすると良い理由

1人ビジネス、専門家に最適な販促ツール

ニュースレターの原稿を作るときに新聞を参考にすると良い理由

ニュースレターの原稿を作るときに新聞を参考にすると良い理由

内容がまとまっている新聞を参考にすべき!

みなさん、文章を書く際、何か参考にしているものはありますか?

私はライター業を15年以上やっていますが、よく聞かれることに

「本が好きなんですか?」

「小説とか読まれるんですか?」

というのがあります。

ですが、私は、小説はあまり読みません。

そして、本は嫌いではないですが、「好き」と言うほどではないですし、

ライターとしては読まない方だと思います(笑)。

参考になるのは社会欄や家庭・文化欄

では私は何を参考にしているか?

それは、新聞です。

特に参考になるのが、社会欄や家庭・文化欄などです。

もちろん、政治経済欄も十分参考になります。

これらがなぜ参考になるかと言うと、

「いつどこで何が起きた」かが、

とてもコンパクトに書かれているからです。

事件や事故、どの政治家が何をしたか、どの企業で何が起きたかなど、

伝えたいことが無駄なくまとまっているので、私は昔から参考にしています。

もちろん、ニュースレターに新聞のテイストをそのままトレースしてしまうと

味気ないものになってしまいかねませんので、多少工夫する必要はありますが、

ニュースレターに掲載する業界情報などの書き方は参考になると思います。

参考にならないカテゴリーは?

ただ、新聞も万能ではないと私は思っています。

同じ新聞でも私は、コラムや批評、スポーツ欄の解説などは、あまり参考にしていません。

なぜか?

それは、小説は作家の“癖”があるからです。

文章は基本的に、書いた人の性格や癖が出るものなのですが、小説はそれが顕著です。

ですので、小説の文体を参考にしてしまうと、

作家の癖をそのままマネてしまうことになりかねません。

こだわった描写や言い回し、句読点の置き方など、作家それぞれに特徴があります。

それは作家だと「特徴的」「独特の味」となりますが、

一般の人たちがそれを取り入れると、

「なんか癖のある文章」「わかりにくい」となり、

ほかの人の目に触れる文章としては、読めたものじゃなくなる危険性があります。

メールをはじめとしてビジネス文書の場合は特に気を付けなくてはいけません。

ビジネス文書で求められるのは、「面白い」よりも「分かりやすい」文章です。

「文章を書く」という点においては、小説などは参考にしないのがオススメです。

余談ですが、ニュースレターにおいて、「個性」は意識しすぎないようにしましょう。

面白さや見栄えなどを考えて「独自性」を出そうと頑張る人もいますが、

それはなかなか難しいですし、長続きしません。

また、ニュースレターは基本的にBtoBツールですので、

対象客(郵送先)がよほど尖っている、

自身のキャラクターが十分認知されている、などでない限り、

無理に個性を出そうとしない方が無難です。

まとめ

原稿に書き慣れていない人の場合、ぜひ新聞を参考にしてみると良いと思います。

新聞は、プロが書いているのももちろん、校正・校閲もプロです。
間違った日本語を使うことなどはまずありえませんので、日本語の勉強にもなります。
さらに、新聞を読んでいくことでニュースレターに使えそうなネタを拾うこともできますね!

関連記事

おススメの記事