» ニュースレター成功のコツはすぐに効果が出なくても“焦らない”こと。長期戦は想定内
 » ニュースレター成功のコツはすぐに効果が出なくても“焦らない”こと。長期戦は想定内

1人ビジネス、専門家に最適な販促ツール

ニュースレター成功のコツはすぐに効果が出なくても“焦らない”こと。長期戦は想定内

ニュースレター成功のコツはすぐに効果が出なくても“焦らない”こと。長期戦は想定内

焦りは禁物。ニュースレターは中長期的な戦略ツール

ニュースレターを発行している方がよくありがちなのが「焦り」です。

ニュースレターの発行は、時間とお金をかけて仕事として行っていることですから、

そこには成果・費用対効果が求められるのは当然のことです。

ただし、ニュースレターの目的を失ってしまってはいけません。

ニュースレターはそもそも短期的に成果が出るツールではありません。

継続して発行することで中長期的に顧客と信頼を築くことが目的であることを忘れてはいけないのです。

すぐに成果が出なくて当たり前。ニュースレターは中長期的な計画を持つことが大切

ニュースレターは短期的な効果を期待して作成・発行するものではありません。

短期的な成果を求めるのであれば、短期間でCM・DMなどに多額の広告費を投入する方が良いでしょう。

しかし、ニュースレターはそうではありませんし、短期的な成果を期待するのであれば不向きな戦略と言えます。

ニュースレターの特長は、コツコツと時間をかけてクライアントに情報を提供し信頼を得ることです。

つまり役割が違います。

短期的ではなく、長い時間をかけて何を目指すのか、数年後のクライアントとの信頼関係をどのように描くのかなど、中長期的な戦略のもと発行するのがニュースレターです。

ニュースレターはコンテンツマーケティングに位置づけられる

「クライアントに質の高いコンテンツを提供し続ける」という意味において、

ニュースレターはコンテンツマーケティングに位置づけられるといえるでしょう。

いうなれば、オウンドメディアに近いのかもしれません。

ただ、オウンドメディアはネット上で展開するので、これまで全く関係のない人からのアクセスが期待でき、将来的に大きな影響力を持つメディアに成長することもありますが、

ニュースレターは基本的に、既存客や知り合った人向けに発行(郵送)するツールです。

そのため、オウンドメディアのような大きな成長や拡散は期待できません。

あくまでコツコツとファンを増やし、クライアントを育成していくのが特徴です。

ただ、自社の商品・サービスの良さを伝えることより、クライアントに役立つ質の高い情報を提供し続けるという点において、

やはりコンテンツマーケティングの一つといえます。

士業・コンサルタントの方は特に、(名を売りたい方などは別にして)

活動エリアや、自身の得意範囲などがあると思いますので、

そういった方であれば、不特定多数からのアクセスや問い合わせよりも、

ある程度地域や、問い合わせ内容が限定されている方がビジネスに結びやすいと思われます。

そう考えると、オウンドメディアの開設よりも、ニュースレターを発行し続けることのほうが、

自身の周囲の人たちに役立つ情報を提供し続けるほうが、クライアントとの関係構築において効果を発揮すると思われます。

ニュースレターの効果が出るのはどれくらいかかるのか?

多くの方から「ニュースレターの効果が出るのはどれくらいかかるのか?」という質問を受けます。

答えは「わかりません」が、少なくとも半年間、または一年間ほどは効果が出るまでかかると考えてください。

発行から半年ほどたったところで、ニュースレター購読者向けのセミナーを開催した方、

発行から一年ほどたって、大手クライアントから「バックナンバーも含めて送ってほしい」と連絡を受けた方など、

コツコツと続けてきたことで徐々に効果が出始めている方はたくさんいます。

まとめ

ニュースレターのポイントは目的を誤らないことです。

一回、二回程度の発行で何の反応がなくても当たり前。

そして、成果を求めるのではなく、半年や一年と発行し続け、クライアントからの信頼を高めていくことがポイントです。

そう考えると、目的は「発行し続けること」といえるかもしれません。

すぐに成果が出ないからと言って発行を止めてしまうのは非常にもったいないことです。

焦りは禁物。そして質も高い、役立つ情報が掲載されているニュースレターであれば、

必ずクライアントの信頼は高まっていますので、自信をもって継続しましょう。

関連記事

【無料プレゼント】営業が苦手な士業・コンサルタントのためのニュースレター作成ガイド

おススメの記事