» 士業・コンサルタントのポジション構築には権威が有効!肩書のある人に推薦状を書いてもらおう
 » 士業・コンサルタントのポジション構築には権威が有効!肩書のある人に推薦状を書いてもらおう

1人ビジネス、専門家に最適な販促ツール

士業・コンサルタントのポジション構築には権威が有効!肩書のある人に推薦状を書いてもらおう

士業・コンサルタントのポジション構築には権威が有効!肩書のある人に推薦状を書いてもらおう

株式会社Mind Oneの菅間です。

手っ取り早く、ポジションを築くにはどうしたら良いでしょう? メディアに出演したり、出版したりといった手法もありますが、お金もかかるしそもそもうまくいくことも限りません。そこで、オススメの方法が「推薦状を書いてもらうこと」。これによって一気にポジションを築くことが可能になります!

権威は強い

突然ですが、あなたの商品が多く売れるとしたら有効なのはなに? いくつかありますが、昔から強いのは「口コミ」ですね。口コミで評判を広めてくれたら万々歳です。

でもそう上手くはいきません。では目を引くために何をする? 奇抜な方法ではなく、「なんかすごそう」と思ってもらうために必要なのが「権威」です。

私は権威という言葉はあまり好きではありませんが、やっぱり権威は強いです(笑)。

権威にまかれろとか寄り添えとかいうことではなく、人々が意識する「権威」をビジネスに活用し、ジャンプアップを果たそうという話です。

私たちがビジネスをスタートする際、基本的には無名です。ですので、いろいろ名乗るわけです。○○コンサルタント、○○プロデューサー、士業などもそうですね。弁護士や税理士といった資格以外にも「○○士」を名乗っている人たちも大勢います。

また、教授、病院関係、警察など国家的な仕事に関わっていた人、さらには剣道や柔道の段位〇段、元スポーツ選手、元国体選手、元日本代表、元オリンピック代表候補etc・・・.どれもすごそうに聞こえてきませんか?(笑)

私たちはそれをついつい意識し、「すごい!」と思うようになっていると考えましょう。 ではそういう人たちに力を借りることができたら? ビジネスが加速する気がしてきませんか?

誰に書いてもらう?

権威は様々ですが、誰もがすごいと思うようなものでなくても良く、「肩書」として名乗れればOKでしょう。ではどのような人たちの力を借りれば良いのか? 繰り返しになりますが、高名な研究者や日本代表歴のある人たちである必要はありません。そのような人たちの力を借りることができれば目を引くと思いますが、無理にその人たちと関係を作るのは大変です。そんなことをしなくても、私たちの近くには、たくさんの肩書のある人がいます。それは例えば「社長」。会社の数は多く、企業規模に関わらず社長は意外とたくさんいます。その人たちの力を借りるのが最も近道です。

ですので、推薦状は「社長」に書いてもらいましょう。あなたがどこかの経営者団体などに入っているのであれば、親しい経営者が何人もいるはずです。その経営者にお願いし、一言「会社やサービスについて」話してもらうのです。原稿を書いてもらえれば良いですが、忙しい方も多いので、コメントをもらい、原稿化するのはこちらでやってしまいましょう。原稿を確認してもらい、OKが出たら掲載すれば、立派な推薦状の完成です。ちなみに、その会社の事業内容やHPも一緒に掲載することで、推薦状を書いてくれた社長も喜んでくれますよ。

そして「多くの経営者が推薦している」ということが、あなたのビジネスを押し上げてくれます。

ちなみに、比較的早く手に入れられる権威としては「出版」があります。なかでも今の時代、電子書籍(主にKindle出版)は手軽かつコストも多くかからずできることからオススメです。
また、ニュースレターの連載内容などをまとめ、加筆・修正することで小冊子にするのも手です。それを手渡された側からみると「立派な冊子」ですので、これも十分「権威」です。

まとめ

「権威」と聞くと、仰々しい感じがしますが、簡単に考えると、「肩書のある人」の言葉を少し借りるということです。それが「○○社長の推薦状」です。自社のこと、自分のこと、サービスのことを様々な経営者の言葉で語ってもらいましょう。その言葉に引き寄せられる人たちがいるはずです。経営者仲間の力を借り、あなた自身、あなたのビジネスのグレードを高めましょう。もちろん、相互に推薦状を書き合うのもオススメです!

関連記事

【無料プレゼント】営業が苦手な士業・コンサルタントのためのニュースレター作成ガイド

おススメの記事