ニュースレター作成のコツを紹介。初回から書くべきは「自己開示ネタ」。まずは自分を知ってもらおう。 | 士業・コンサルタントのためのニュースレター活用ガイド
ニュースレター作成のコツを紹介。初回から書くべきは「自己開示ネタ」。まずは自分を知ってもらおう。 | 士業・コンサルタントのためのニュースレター活用ガイド

1人ビジネス、専門家に最適な販促ツール

ニュースレター作成のコツを紹介。初回から書くべきは「自己開示ネタ」。まずは自分を知ってもらおう。

ニュースレター作成のコツを紹介。初回から書くべきは「自己開示ネタ」。まずは自分を知ってもらおう。

ニュースレターをこれから作り始めるとして、あなたは最初に何を書きますか?

まずは自己紹介から、というのがお決まりだと思いますが、それ以外には何を書けば良いでしょう?思い浮かぶのは、ご当地ネタやビジネスハック的なことでしょうか。表裏両面とも自己紹介で終わってしまうことはないと思いますが、最初に書くネタって何気に考えますよね?

ニュースレターで大切なのは自己開示をすること

多くの人が思い浮かぶように、まずは自分のことについて書きましょう。

なぜなら、
ニュースレターを発行する目的は、「自分のことを知ってもらい、親密さ、信頼感をアップさせること」
だからです。
そのためにはとにかく、自分がどういう人間かをお客様に知ってもらう必要があります。あなたがどこのだれだか分からないままだと、せっかくのニュースレターも、全く読まれずゴミ箱にダイレクトに放り込まれることになってしまいます。

ニュースレターで書く自己紹介のポイント:内容は難しく考えないでOK!

書く内容は、特に難しく考える必要はありません。自分の生まれや育ちのことでも良いですし、趣味や家族のことでもOKです。そして、なぜこの仕事を始めたのか、というきっかけ、エピソードや仕事に対する考え方、お客さんへの思いなどを書くと興味を高めることができます。

ニュースレターで自己開示する際の注意点

一方で注意する点もあります。一つは個人情報がオープン過ぎないことです。

注意点1:特定されてしまうような個人情報は掲載しないように注意!

自宅住所や、子供が通っている学校の名前などは掲載するのは避けましょう。
交友関係も気を付ける必要があります。

もし友人の名前や勤め先などを掲載する場合は許可が必要ですし、よく行く場所や行きつけのお店なども、個人店であった場合は、勝手にニュースレターに掲載するのではなく、電話番号を載せる許可を取っておくなどはしておいた方が良いでしょう。

とうぜん、写真の掲載にも細心の注意を払いましょう。

注意点2:ニュースレターへの掲載はもちろん、SNSへのアップも慎重に

もちろん、画像を載せる場合などは撮影やSNSへのアップはOKかも確認しておきましょう。(お店から「宣伝になるしOK」など許可が出ていれば掲載しても良いと思います)

あなたのお客様は常識のある方かもしれませんが、その周囲の人も全員が常識人とは限りません。また、ニュースレターを購読後、シュレッダーにかけているとは限りません。ふとしたところから情報が漏れることは珍しくありません。

政治・宗教に関する話題は避けた方が良いでしょう。
「選挙に行きました」のような話は問題ありませんが、「誰の政策が良くて、どの政党は○○だからダメ」といった表現はNGです。「あの人は●●とのウワサが・・・」など事実と異なっているかもしれない話も、もってのほかです。
同じように、有名無名に関わらず個人に関する論評・批評、事件事故に関する批評なども、ニュースレターで展開するにはふさわしくありません。

ほか、趣味の話はOKですが、たとえばスポーツでひいきのチームが負けた場合、相手のチームや選手を叩くような表現はNGです。
「負けてしまえ」「怪我でもしないかな」「無能で助かった」「●●のせいで活躍の場を奪われた」
「●●が失敗してくれればうちのチームが楽になる」といった内容は、自分は面白おかしく書いているつもりでも、他の人は読んでいて不快になることもありますので気をつけましょう。

つまり、自分のことを書くといっても、好き嫌いについてはほどほどにすることが大切です。

ニュースレターで家族のことを書くのはアリ?

家族のこと書くのは「アリ」です。ただ、その際も少し注意が必要です。

家族でどこへ行った。ささいなことで夫婦喧嘩をした。配偶者に感謝を伝えた。子供の誕生日を祝った。といったことなどは、家族思い、子煩悩などのイメージは伝わるかもしれませんが、読んでいて楽しいか、というと、そこまで興味を引かないのが正直なところです。それが毎回のように掲載されていると、徐々に読まれなくなっていってしまうでしょう。

では、それを避けるためにはどうすればよいか。ニュースレターの購読者がビジネスでの繋がりが多い場合、家族間での出来事をビジネスでのヒントなどに置き換えてみると良いと思います。

・子供の成長と部下の成長を重ねてみる
・妻とのコミュニケーションを社内コミュニケーションに置き換えてみる
・家族での共同作業からチームビルディングのヒントを得た

などです。

旅行の日程を子供に全部任せてみた(権限移譲や主体性)
家族会議で夢や目標、不満を共有した(社内コミュニケーションの活性化)
といったように、仕事で生かせそうなヒントを家族から得られている、家族との関わりから社内での振る舞いを学んだ、などであれば、購読者の多くは共感を得るはずです。

たんに家族とどう過ごしたか、こんなことが起きた、どこで何を食べてきた、などで終わらず、そこからの気づきも含めた内容にすることがポイントです。

なお、これもいうまでもありませんが、家族の話はあなた自身のプライベートなことになるので、名前を出すことや通っている学校の名前の掲載などには細心の注意をはらいましょう。

ニュースレターでは自身の仕事に対する姿勢なども書くと興味を持ってもらいやすい

また、ニュースレターは基本的にBtoBですので、自身の仕事に関することを伝えていくのもアリです。とはいえ、現在進行中のプロジェクトや、取引先名など具体的な表記はNGです。「IT関連企業」「自動車メーカー」といった書き方をしましょう。

仕事関連で一つオススメなのが、「影響を受けた本」「購読中の本」などの紹介です。「七つの習慣」「マネジメント」など著名な本だとしても、いつぐらいに読んでどのように影響を受けたか、最近読んだ本のどこがおもしろかったかなどは、購読者の多くもビジネスシーンで活躍している人たちですので興味を引きやすい事柄です。「私の○○時代」など、過去の仕事での出来事を振り返るようなコンテンツを作っても面白いでしょう。

ちなみに私は、「ザ・エージェント」というトム・クルーズ主演の映画が昔から好きです。基本的には、トム・クルーズと、ブレイク少し前のレニー・ゼルウィガーのラブロマンスなのですが、
仕事への姿勢が描かれていて、たまに観たくなります(^^)

ニュースレターの文体は柔らかく。ですます調がおすすめ。

ニュースレターは全体的に読みやすくなくてはいけません。硬い文面だとお客様も肩肘張ってしまいます。文体は「だ、である調」ではなく、柔らかい「ですます調」で書くようにすることをおすすめします。

内容ももちろん柔らかめにしましょう。小難しい話ではなく、一息つけるような日常的なことでもOKです。「こんなこと書いてお客様は興味を持つのかな?」と考える方は多いですが、お客様は意外と読んでくれています。もちろんその際は、ビジネスに少し関連した話題に置き換えるとベターです。

複数号発行した後に、お客様を訪問してみてください。お客様からニュースレターの話題をしてくることも珍しくありません。

まとめ:ニュースレターで自己開示することが効果的。ただし内容には注意を払おう。

ニュースレターで大切なのは自分を伝えること。そのためには自己開示が欠かせません。ニュースレターは、嫌味なくあなたのことを伝えられる絶好のチャンスと捉えましょう。

自己開示のポイントは「オープンであること」です。

そして、「自分は別にたいしたことやってないし」という考えを手放すことです。自分では平凡に感じることでも、それは相手から見たら興味を引かれることかもしれませんし、共感できる事柄かもしれません。ただし、繰り返しになりますが政治的なことや宗教、個人の趣味に寄りすぎないなど、掲載内容には注意しましょう。

あなたのことを知ってもらい、人柄を伝えることが大切ですので、ニュースレター作成の際は、ぜひコンテンツに取り入れてみてください。

関連記事

【無料プレゼント】営業が苦手な士業・コンサルタントのためのニュースレター作成ガイド

おススメの記事